静岡市葵区にある早馬動物病院にお気軽にお問い合わせ下さい。

ttl-002-banner.jpg
ttl-index-banner.jpg
ttl-006-title01.jpg
対応可能なエキゾチックアニマル
ttl-006-img01.jpg
ttl-006-img02.jpg
ttl-006-img03.jpg
ttl-006-img04.jpg
ttl-006-img05.jpg
ttl-006-img06.jpg
ttl-006-img07.jpg
ttl-006-img08.jpg
ttl-006-img09.jpg
ttl-006-img10.jpg
ttl-006-img11.jpg
ttl-006-title02.jpg
治療3つのポイント
 
【豊富な治療実績】
動物病院であまり診療を受けつけていない種類の動物等も治療を行った経験が数多くあります。とりわけフェレットに至っては猫と同等の症例がございます。
 
【丁寧なカウンセリング】
苦しんでいるエキゾチックアニマルがどんな症状なのか?どんな治療を施すのか?どんなリスクがあるのか?今後どういった点に注意すべきなのかを丁寧に説明し治療をいたします。
 
【アフターケア】
一度病気にかかってしまったエキゾチックアニマルは弱っていたり、病気が再発してしまう恐れがあります。当院では治療が完了した後の定期健診にも力をいれております。
ttl-006-title03.jpg
・年齢、飼育環境、給餌内容/量等の情報の聞き取りを十分に行う。
 
・発症の時期や経過、現状の食欲・元気、便・尿の有無の聞き取りを十分に行う。
 
・体重測定、脱水の有無、下痢嘔吐の有無、心音血圧等の身体検査を十分に行う。
 
・飼い主の主訴と身体状況から病状を仮診断して必要な検査や治療のプランをたてる。
 
・飼い主に病状と検査治療プランおよび費用などを説明し、承諾が得られれば実行する。
 
・エキゾペットは多くはその場で診断せず、観察させてもらい診察する。
 
・エキゾペットの処置・治療は最小限で個体に対する負担を減らす。
 
・観察、検査、治療、入院中は保育器などに収容してエキゾペットの体力ロスを防ぎストレスを軽減する。
 
・診療に関しては飼主の希望を最優先し、処置前に十分な説明を行い承諾を得て実施する。
ttl-common-divider01.jpg
ttl-common-title02.jpg
ttl-common-nav01.jpg ttl-common-nav02.jpg ttl-common-nav03.jpg
ttl-common-nav04.jpg ttl-common-nav05.jpg ttl-common-nav06.jpg
ttl-common-nav07.jpg ttl-common-nav08.jpg ttl-common-nav09.jpg
  ttl-common-nav10.jpg  
ttl-common-facebook.jpg
ttl-common-facebook-img01.jpg
ttl-common-contactbtn01.jpg
ttl-common-contactbtn02.jpg
〒420-0937
静岡市葵区唐瀬1-10-8

大きな地図で見る
ページの先頭へ
Copyright (C) 2012 HAYAMA Animal Hospital
All Rights Reserved